医療へ果敢にイノベーション
よくあるご質問
HOME >鍼の話 >よくあるご質問

よくあるご質問をわかりやすく解説いたします

鍼治療
鍼治療
鍼治療

見出し

答え

鍼治療(はりちりょう)とは、東洋医学の理論に基づいて専用の鍼(針)を用いて皮膚・筋肉などを刺激することにより生理状態を変化させ、病気を治療する医術です。日本において鍼は独自の発展をしたために中国を筆頭とする世界の鍼とは異なった鍼具や手技を用います。

見出し

答え

施術場所によってチクッとする場合もありますが、痛みはほとんどありません。

見出し

答え

第一に安全の問題です。使いまわした鍼は、血液感染病(HIV、肝炎)等を引き起こす可能性があります。安心して施術を受けられるように当社の使い捨て(ディスポーザブル)の鍼をお勧めします。

見出し

答え

肩こり・動悸・食欲不振・疲労・不眠・冷え・めまい・むくみ・関節痛・便秘・下痢・頭痛・ストレス・手足のしびれ・生理痛・目のかすみ・風邪の初期症状・腰痛に効果があります。(注1)。

また最近では、うつ病(注2)にも効果的との報告があります。

注1:効果には個人差があります。
注2:WHO(世界保健機関)は1996年、鍼の適応疾患49項目を公表しています。その項目の一つにうつ病があげられており、その後も、欧米や中国から鍼治療が効果的だった、とする報告が相次いでいます。

■効果が報告されている疾病
運動器系疾患
肩こり、急性腰痛、慢性腰痛、むち打ち症、五十肩、肘痛、膝痛など
内科系疾患
下痢症、便秘症、初発時の糖尿病、胆嚢炎、肝臓疾患、動脈硬化症、胃痛症状、甲状腺の疾患、膀胱炎など
婦人科疾患
生理痛、月経前困難症の諸症状(胸の張り、いらいら、過食など)、冷え性、更年期障害など

見出し

答え

はい、あります。 腹痛・下痢・食が細い・風邪をひきやすい・疳の虫・夜泣き・鼻水鼻づまり・アレルギー症状・集中力がない・子どもの肩こり・腰痛に効果が認められています。

見出し

答え

医師以外は、鍼を業として行う場合ははり師の免許が必要になります。
法で定められた学校を卒業し、国家試験に合格し、厚生労働省から医療者として免許を取得したものだけが施術できます。

はりきゅうミュージアム